Pocket

貴重なご意見ありがとうございます。
ホームページをご覧の皆さま、同じ思いを抱えながら勤務されている先生方
もしよければページ下のコメントフォームより
あなたの声をお寄せください。

インターネットを拝見して興味をもちました。
現在、都内で小学校教員をしています。

「教員の多忙感」というか「教員の多忙」
公的ブラック企業、がよく聞かれますが、
本当にその通りだと思います。

教員一人、担任一人で、事務作業(企画、会計も、児童福祉局員のようなことも・市民課の窓口・カウンセラーのような事も・旅行社の営業・旅行社の添乗員のようなことも)、
スポーツ指導者も、とありとあらゆる子どもに関する事項を
「子どもの教育」という美辞麗句のもとに、上意下達でこなさねばならないからだと思っています。

上からの指示は増える一方で、減らせる仕事、簡易化できるという仕事がないような気がします。

加えて、昨今の地域環境や保護者環境は変化してきて追いつくのに余裕がない状態だと思います。

どんな教員も本当は、子どもと向き合って授業を通して、子どもの成長を支援してきたいのに、
事務作業・と書類作成、会議で、保護者対応でいっぱいいっぱいなのだと思っています。

やはり、現在の会計事務担当職員の他に、そのほか学校事務担当を受け持つ「教員ではない学校支援員・スポーツ指導員をもっと増員」してほしい、
「学級児童数を減らす」のがよいのではないかと思っています。

匿名希望より

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Pocket